米子市の訪問看護ステーションは?その機能についても解説

米子市は鳥取県のほぼ平坦な地域に位置し、日野川や法勝寺川などが日本海に注いでいる地形です。古くから交通の要衝として発展し、今も自動車道や山陰本線などの鉄道、米子空港など交通の利便性が高いのが特徴です。このような地域では、移動によって看護サービスを提供する訪問看護も盛んに行われています。そこで今回は米子市で提供されている訪問看護について解説しましょう。

米子市の訪問看護ステーションを紹介

米子市の訪問看護ステーションでは介護保険制度と医療保険制度との両方を利用して訪問活動を展開しています。地域で安心して療養生活が送れるような訪問看護サービスを提供し、充実したケアを専門性の高い視点で行っています。対象は、要支援・要介護認定を受けられた方、訪問看護の必要な方で前者は介護保険、後者は医療保険で実施されているのも特徴です。また、米子市では医療機関が運営している訪問看護ステーションが他の地域よりも多い傾向にあり、これも特徴として挙げられるでしょう。

訪問看護で行われることは?

訪問看護で行われることとして日常生活の看護や医療措置です。日常生活の看護は多岐にわたります。清潔ケア、入浴介助、生活環境の整備、病状の観察(血圧、体温、脈拍測定など)といったものから、利用者の方のヒアリングや本格的なリハビリとして理学療法士や作業療法士など他の医療職との連携によるサービスも提供しています。また、医療処置としては褥瘡、創部の処置、留置カテーテル・胃ろうの管理、在宅酸素療法の管理などを実施しているのも特徴です。さらに在宅で終末を迎える方も増えていることから終末期のケアも重要な医療処置として行っています。

訪問看護のその他の業務は?

訪問看護には先ほど紹介した日常生活の看護や医療処置といった仕事がメインです。しかし、それ以外にも居宅サービス計画に沿った訪問看護内容を行い、柔軟な医療サービスを提供しているのも特徴として挙げられます。