投稿日:

耳と鼻の症状の改善方法

耳と鼻の診察内容

耳と鼻というのは、人によって悩みも違います。

耳がつまるという症状の他、聞こえなくなるという症状もあったりします。

鼻もつまるだけではなく、他にも鼻血が出たり、鼻水が出たりするのです。

これらの症状に関しては、一度診察してもらうことが必要となります。

診察の際には、それぞれの症状に合わせて医師が判断します。

ちなみに、医師によっては触診などによって判断するということもあるでしょう。

耳や鼻というのは症状も多岐に渡り、その病気も違ってきます。

そのため、過去の前例を用いて判断することが多いです。

医師が客観的にも主観的にも見て「これは○○の症状だね」というように診察によって結果を出していくというのが、基本的な流れとなります。

続きを読む 耳と鼻の症状の改善方法

投稿日:

耳鼻科の診察内容

耳鼻科で診てもらえる診察内容

耳鼻科で診てもらえる診察内容は、主に耳や鼻に関すること全般となっています。
耳がつまったり、鼻が痛かったり、はたまた耳が聞こえなかったり、鼻が利かなかったり。
それぞれの悩みに応じて、病気かどうかの判断をするのが耳鼻科の特徴です。

耳鼻科に関しては豊富な症状に対応しているので、耳や鼻で困ったことがあれば相談するというのが一般的となっています。
その他、風邪などのように症状が曖昧なものでも診察してくれることがあります。
診察内容はとても幅広いので、そこは耳鼻科を活用してみてください。
具体的に「この病気を見る」というよりは、それぞれの症状に合わせて判断するのが普通。
それぞれ症状ごとに医師が判断して薬を処方し、最終的には治療を進めていくというのが主な流れとなります。

耳鼻科の病気の原因

耳鼻科の病気には色々な症状があり、原因もそれぞれ違ってきます。
そのため、一概には言えないというのは正直なところでしょう。
例えば風邪とは言っても、人によっては鼻水が出る人もいれば、咳が出る人もいます。
病気の原因は様々ですが、風邪なら外部からのウイルスや菌が原因となります。
免疫力や抵抗力が低下している時には、より耳や鼻に症状が出ることもあります。
人間の身体は、それらの外部から侵入してきた敵に対して、すぐに駆除できるようになっているのです。
だからこそ、鼻水が出たりくしゃみが出たりするのです。
熱が出るのも体内に侵入したウイルスや菌を駆除するための機能となっています。
つまり、耳鼻科の病気の症状ごとに、原因は違ってくるということになります。
そこを理解しておくことができるかどうかによって違ってくるでしょう。
まずは原因を知っておいて対応を進めていくことが必要です。

耳鼻科の病気の治療方法

耳鼻科の病気の治療方法に関しては、症状によって違ってきます。
例えば花粉による症状やハウスダストによる症状では、それらのアレルギー物質を撃退して、逆に体内に侵入させないようにすることが重要です。
風邪であれば、薬によって免疫力や抵抗力を高めて対処することが必要です。
耳鼻科ではそれらの治療をサポートするのが主な業務となります。
そもそも薬を処方するとは言っても、薬が治してくれるわけではありません。
薬によって人間の身体のガードを高めるというのが主な目的なのです。
治療に関するアプローチは症状によって違うため、症状に悩まされている人はまず相談してみることをおすすめします。

投稿日:

ウィルス性の病気の診療科はどこ?

ウィルス性の病気

病気の原因はウィルスや細菌などとなりますが、ウィルス性の病気になったかなと思ったらどこの診療科に行けばいいのでしょうか?
このときはそのウィルス性の症状が出ている場所など、その内容に応じて適切と思われる診療科に行くといいです。
たとえば風邪などそのほとんどがウィルス性の病気だと言われています。
このときは鼻水や喉の痛み、発熱、咳などいろいろな症状が現れますが、どこの診療科に行くべきかというと内科や耳鼻科となります。
続きを読む ウィルス性の病気の診療科はどこ?

投稿日:

咳がとまらない症状の診察

咳がとまらない

風邪やインフルエンザなどを引いたあとに咳だけが残ることがあります。
しばらく様子を見てもとまらない場合、その咳だけでまた病院の診察を受けるといいです。
どれくらいとまらないなら診察を考えるといいのかというと、風邪やインフルエンザが治ってから2~3週間たっても咳がとまらない場合、一度診察を受けるといいでしょう。
どんな病院へ行けばいいかというと、内科、呼吸器内科、耳鼻科などとなります。
この中でどこに行くか迷うかもしれませんが、咳がとまらない原因はたくさんあり、絶対にこの診察科に行けば治るとは言えないのが実情です。
続きを読む 咳がとまらない症状の診察

投稿日:

口内トラブルについて

口内トラブル

口の中で何かトラブルが起きることもあります。
たとえば口内炎です。
口の中を間違って噛んでしまったとき、そこが少し腫れたようになり、触れると痛みや違和感などあるときは口内炎の可能性があります。
あまり触らないようにして様子を見ていると自然に治ることも多いのですが、早く治したいときや症状がひどいとき、何度も再発しているときなど病院での診察を受けた方がいい場合もあります。
続きを読む 口内トラブルについて

投稿日:

予防接種の診療科

予防接種はどこで受ける?

病院に行くのは具合が悪くなったときのほか、予防接種を受けたいときもありますよね。
そんなときはどの診療科に行けばいいのでしょうか?
これは受けたい予防接種にもよりますから、それに応じて適切な診療科を選ぶといいです。

インフルエンザの予防接種

受ける機会が比較的多いのがインフルエンザの予防接種となるでしょう。
一度受けても効果は5か月ほどしか続かないため、翌年のインフルエンザに備えたいなら翌年もまた同じ予防接種を受ける必要があります。
インフルエンザはつらい症状となりがちですし、重症化すると若い方でも命の危険があります。
それらリスクを下げられるのがこの予防接種となりますから、毎年これを受けている大人の方も珍しくありません。
これを受けたいときの診療科ですが、内科や耳鼻科、小児科などが多いものの、特に何科とは決まっていません。
インフルエンザの予防接種は11~12月になると多くの病院で実施されています。
その病院がこの予防接種を実施していればそちらを受診することで受けられるのです。
普段は予防接種などをあまり実施していない病院でも、11~12月にかけてのインフルエンザの予防接種だけはやっていることもあるため、HPなどで実施の有無を調べてみるといいでしょう。

子供の予防接種

大人は小さいころに予防接種を受けているため、特定の病気への抵抗力が高まっていることが多いのですが、小さい子供はまさにこれから予防接種を受けさせないといけませんよね。
定期予防接種については自治体からお知らせがきますが、それ以外の任意の予防接種や、定期予防接種を受けられていなかったときなど、どこの診療科で子供向けの予防接種はできるのでしょうか?
これは内科でも対応できますが、小児科で対応している例も多いです。
特に小さいお子さんの場合は小児科を選ぶ親御さんも多いため、新宿にある小児科などで予防接種を受けられないか、調べてみるといいでしょう。

大人のインフルエンザ以外の予防接種は?

大人の方でインフルエンザ以外の予防接種を受けたい方もおられますよね。
たとえば最近はやっている麻疹や風疹の予防接種など、大人の方でも改めて受けたい方もおられるでしょう。
このときの診療科は内科がおすすめです。
どの内科でもやっているわけではなく、普段から予防接種の実施をしている一部の内科でインフルエンザ以外の予防接種もやっており、大人の方でも受けられます。
利用には予約が必要だったり、各内科で行っている予防接種の種類が限られていたりしますから、HPなどを確認の上、病院に問い合わせるといいでしょう。

投稿日:

風邪の診療科

風邪をひいたらどこに行く?

日常的に経験する機会の多い病気というとやはり風邪ですね。
病院に行かなくても自然に治ることも多い病気ですが、こじれると長期化することもありますし、強い症状が出ることもあります。
対処に困ったときはやはり病院で相談することになりがちですが、診療科はどこになるのでしょうか?
これは内科か耳鼻科となります。
続きを読む 風邪の診療科

投稿日:

スギ花粉アレルギー

スギ花粉アレルギーとは

スギ花粉アレルギーを持っている方が多いのですが、これはスギ花粉に対するアレルギーで、いわゆる花粉症の一つになります。
花粉症を引き起こす原因はほかにもヒノキやブタクサなどほかの花粉もあるのですが、患者数が比較的多いのはこのスギ花粉アレルギーで、花粉症患者の過半数がこのアレルギーだと言われています。

これが起こる原因はスギの花粉となるわけですが、この花粉は目に見えるものではありません。
花粉が飛ぶ季節になると空気中に漂っているため、どうしてもこの花粉を吸いこんで症状がでます。
主な症状は鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどになりますが、これらが原因でストレスがたまる、夜眠れなくて疲労が取れないなど、生活の質が低下しがちです。
スギ花粉が飛ぶのは毎年2月から4月あたりとなり、この時期になって現れる鼻水やくしゃみといった症状はアレルギーの可能性があります。

原因を避ける方法はある?

アレルギーは風邪などの病気ではないため、症状が出ても横になって休むといった対応は必ずしも必要ありません。
症状を和らげるために必要なのはアレルギーの原因となる物質を避けることで、それができると症状が和らいでいきます。
ではスギ花粉を避ける方法はあるかというと、これは目に見えないほど小さい物質ですし、ほこりのように空気中を漂っているものですから、たとえ室内にいても完全に防げるとは限りません。

もちろん外出するよりは室内にいた方がいいですし、外出時にはマスクやゴーグルをすることで原因を避けやすくなり、症状が軽くなることも多いです。
しかし完全に防ぐことは難しいですから、スギ花粉アレルギーがひどいときは病院での治療がおすすめとなります。

スギ花粉アレルギーの治療

スギ花粉アレルギーの治療はどうやるかというと、多くの病院で行われているのが対処療法です。
アレルギーを抑える飲み薬や点鼻薬、目薬などありますから、スギ花粉が飛んでいる季節はそれを使用し続けます。
それら薬の効果でアレルギーの症状が抑えられるため、鼻水やくしゃみといった症状が楽になり、花粉の飛んでいなかった季節と同じように生活しやすくなるのです。
これらアレルギーを抑える薬は多くの耳鼻科、花粉症に対応できる内科などで処方しています。
基本的な治療方法となりますから知っておくといいでしょう。

なお、スギ花粉アレルギーを起きないようにする根本治療の方法もありますが、これは実施している病院がずっと限られます。
そちらを希望するときは耳鼻科などで相談してみてください。
特に希望がなければアレルギーを抑える薬の処方となるのが基本です。

投稿日:

耳鼻科での花粉症治療

花粉症で耳鼻科を受診すると

花粉症になったときの症状はつらいため、病院を受診する方もよくおられますよね。
このときの受診先は耳鼻科となることも多いですが、こちらではどのような花粉症治療が行われるのでしょうか?
よく行われるのはアレルギー反応を抑える薬を出すという治療です。
薬は飲み薬のほか、鼻に症状が出ているときは点鼻薬が出されることもあります。
点鼻薬とは鼻にするスプレーのような薬ですね。
続きを読む 耳鼻科での花粉症治療

投稿日:

新宿の耳鼻咽喉科の場所・エリア

新宿の耳鼻咽喉科を利用する際、重要となってくるのが場所やエリアです。
これらに関しては、事前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。
まず、新宿で耳鼻咽喉科を利用するなら、新宿駅周辺のところから見つけていくことをおすすめします。
新宿駅周辺には、徒歩圏内で通える耳鼻咽喉科もあります。
続きを読む 新宿の耳鼻咽喉科の場所・エリア