愛知県で安心の板金塗装を受けるための手続きと流れとは?

愛知県は、「佐久島」や「伊良湖岬(恋路ヶ浜)」「鳳来寺山」など、海山の自然が近くドライブをする場所が豊富なのが特徴です。この楽しいカーライフを送る支えとなっているのが、板金塗装業です。今回は、愛知県で安心して板金塗装を受けるための手続きと流れを紹介し、より快適にドライブをするために板金を利用するポイントについて解説しましょう。

愛知県で安心して板金塗装を利用するには?

愛知県で安心して板金塗装を利用するには、ポイントがいくつかあります。まず、自分の車を板金塗装できるところかという点です。国産車であれば、ほとんどすべての板金塗装で対応できますが、外国車では、専門の知識や設備が必要なこともあります。愛知県で対応していない板金塗装では、塗料も取れるか取れないかわからないケースもあるので、そもそも自分の車が板金塗装できる業者かチェックすることが必要です。愛知県であれば、板金塗装業者が多いので、ほとんどすべての外国車に対応できるでしょう。次に損傷や塗装部分を現地で説明してくれるかどうかです。丸投げすることは簡単ですが、きちんと実車を見ながら説明してくれるところがより丁寧で明瞭な内容による施工をしてくれます。

板金塗装で行う塗装作業とは?

板金塗装工場では塗装も行われます。作業自体はいきなり特定のカラーを使用するわけではないため、解説していきましょう。最初にエアーブローでほこりを落としていきます。ほこりがあると塗装の邪魔になるため、しっかり専用のクロスでも吹いていきます。ここまで行ったら、サフェーサーと呼ばれる下塗りを塗布したうえでカラーベースを何度も塗装していきます。最後にクリヤーで仕上げを行う流れです。塗装面を乾かす目的でヒーターによる乾燥も行われます。

板金塗装が終わった後は磨き

板金塗装が完成しても完了ではありません。どうしても施工後にごみや粒がついているので取り除き、何種類かのコンパウンドを使ってポリッシャーなどで磨いていきます。さらに専用スポンジで塗装面を磨くこともできます。板金塗装でも塗装を得意としているところでは仕上げの洗車も行い、洗車後も十分ふき取ってコーティングなど施工も追加することがあります。