投稿日:

つらい気管支炎は耳鼻咽喉科

気管支炎になると、咳が出るほか喉が痛くなるなど、なかなか厄介な症状がいろいろと出てきます。
気管支炎になる原因としては、主に乾燥などがあります。
乾燥する時期はウイルスや病原菌も体内に侵入しやすく、それでいて炎症も引き起こしやすくなります。
扁桃腺炎と同じように、喉の病気である気管支炎は乾燥などが進む季節に多くなるので、十分な対策をしておきましょう。

また、風邪などと併発する方も多く、それが原因で気管支炎になるという方もいます。
咳をすると喉がダメージを受け、気管支などもダメージを受けることがあります。
そこから炎症が発生し、気管支炎まで進んでしまうことも多いです。
そういう場合は、自力で治すのも難しくなってくるでしょう。
まずは耳鼻咽喉科などに相談して、しっかりと治療していくことが重要です。

気管支炎の場合、咳が止まらなくなるので、それによってさらに喉が傷付きやすくなります。
結果、気管支にも負担がかかり、長引くことも多いです。
人によっては2週間〜3週間もあれば治るのですが、1か月以上気管支炎で悩まされているという方もいます。
また、人によっては気管支炎が慢性的になり、常に炎症を抱えているような状態になっている人もいるのです。
病院やクリニックに相談すれば、咳止め薬などはもちろん、気管支炎の炎症を抑える薬も処方してもらうことが可能です。
そこは上手に活用していくと良いのではないでしょうか。

ただ、気管支炎は自分で判断するのが難しい場合もあります。
人によっては「ただの風邪かな」と思って、そのまま放置してしまうことも多いでしょう。
そうなるとやはり大変なので、十分考えて対処していくようにしましょう。
咳が数週間止まらない場合は、風邪ではなく気管支炎ということもあるので、それも合わせて耳鼻咽喉科に相談してみることをおすすめします。

耳鼻咽喉科では、気管支炎を治療することも可能です。
薬による治療がメインとなりますが、炎症が治まらない場合は、他の方法で治療を進めていくこともあります。
ただ、ほとんどの場合は薬を飲んで時間による回復を待つのが通例です。
その判断も素人にはなかなか難しいこともあるので、あまり甘く考えずに相談していくことが必要となるでしょう。
耳鼻咽喉科のように専門的に対応しているところであれば、頼りになります。
まずはそういうところから相談してみてください。
それが解決への道を切り開いてくれるはずです。